山梨県ボランティア協会のご紹介

あたなが見たい世界の変化に、あたな自身がなりなさい。

You must be change you want to see in the world.

これは、インド独立の父 マハトマ・ガンジーの言葉です。
自分自身を変えていける機会をボランティア活動を通して提供していくことが、山梨県ボランティア協会の役割です。
ボランティアにはまだまだ未開拓の大きな可能性が眠っていると私たちは考えています。

設立は1977年

山梨県ボランティア協会1977(昭和52)年1月に設立されました。1978(昭和53)年7月に開館した山梨県ボランティアセンターを拠点に山梨の福祉風土づくりをめざして、行政と民間が連携した公私協働の県民ボランティア運動を展開し、ボランティア精神の涵養と人づくりを進めてきました。
近年、個人のニーズやライフスタイルが多様化し、行政だけでは解決できない社会問題に対応するためには、地域社会の担い手としてボランティアの主体的参加と連帯による地域活動の推進が求められます。
このようなボランティア活動をさらに継続的、組織的に発展させ、行政や企業と協働することにより公益性を高め、新しい公共を創る組織としてNPO(民間非営利団体)が重要な役割を担っています。